新しい知能観に立った知能検査基本ハンドブック

辰野千寿 著

知能検査は、このようにビネー以来今日まで約90年の歴史をもち、その間、教育界はじめ多くの職場で利用されてきた。しかし、知能検査が大きな力をもてばもつほど、その反作用として批判や攻撃も加えられた。本書では、このような批判と反論を念頭におきながら、知能観がどのように変わってきたか、知能検査はどのように発展してきたか、知能検査の標準化はどのように行われるか、知能検査はどのように実施すべきであるか、その結果はどのように生かされるか、どのようにすれば知能の発達を促進できるかについて、新しい観点から解説を試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 知能観の変遷
  • 2章 知能検査の発展
  • 3章 知能検査のタイプ
  • 4章 知能検査の実施のしかた
  • 5章 知能検査の生かし方
  • 6章 知能の伸ばし方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい知能観に立った知能検査基本ハンドブック
著作者等 辰野 千寿
書名ヨミ アタラシイ チノウカン ニ タッタ チノウ ケンサ キホン ハンドブック
出版元 図書文化社
刊行年月 1995.2
ページ数 144p
大きさ 21cm
ISBN 4810052559
NCID BN12248042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95040367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想