戦争犯罪とは何か

藤田久一 著

何が戦争犯罪であり、誰がそれを裁くのか。近代の国際社会で成立した兵器制限や捕虜待遇をめぐる問題から説きおこし、第二次大戦後のニュルンベルク裁判・東京裁判であらたに定式化された「平和に対する罪」「人道に対する罪」、そして現代の係争点・到達点を論じていく。国際法研究者の立場から捉えた法理の全体像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦争法の成立と展開
  • 2 あらたな戦争犯罪観の模索-第一次大戦の衝撃
  • 3 国際軍事裁判で裁かれたもの-「ニュルンベルグ裁判」と「東京裁判」
  • 4 定式化への努力-国連システム下の戦争犯罪概念
  • 5 個人責任をめぐる議論
  • 6 国際刑事裁判所の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争犯罪とは何か
著作者等 藤田 久一
書名ヨミ センソウ ハンザイ トワ ナニカ
書名別名 Senso hanzai towa nanika
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.3
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 400430380X
NCID BN12246160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95048453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想