脳をつくりあげた生物の不思議 : 生命のしくみと進化を探る

神川喜代男 著

いま、遺伝子、脳、ヒト、生物はどのように理解できるのか。生物とは何かといっても、どこから手を付ければよいのか考えにくい問題である。そこでまず、原始生命からヒトにいたるまでの生体のしくみとその進化の筋道をたどってみよう。植物が葉緑体をもちいた光合成によって太陽エネルギーを取り入れる機構から、動物体内の情報伝達の方法や運動制御のしくみの発達と進化、そしてその到達点にあるヒトの脳による体と心の支配のしくみにいたるまでを通して広く眺めわたす。想いは自ずと、生物とは何か、生命とは何かにまでいたるにちがいない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生きるためのエネルギーから眺めた生物の世界
  • 第2部 脳から眺めた生物の世界
  • 第3部 生化学の立場からみた脳
  • 第4部 判断と行動、そして心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳をつくりあげた生物の不思議 : 生命のしくみと進化を探る
著作者等 神川 喜代男
書名ヨミ ノウ オ ツクリアゲタ セイブツ ノ フシギ
書名別名 No o tsukuriageta seibutsu no fushigi
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1995.3
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4062570599
NCID BN12228431
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95045398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想