モンゴロイドの道

『科学朝日』 編

南北アメリカやオセアニアの先住民、極北のエスキモー、アジア各地の人びと、そして私たち日本人の共通の祖先、先史モンゴロイドは、あるとき人類発祥の地アフリカを後にして、厳寒のシベリアに足を踏み入れた。そして陸づたいにアメリカ大陸へ、また東南アジアを経て海路をオセアニアの島嶼部へと、地球を駆けめぐり、拡散と適応をつづけた。DNA研究を武器とした遺伝学、下戸の分布から迫る法医学をはじめ、免疫学、人類学、考古学、古生物学、地理学など学際的な研究成果が明かす祖先の足跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人類、アジアへ旅立つ
  • 第2章 シベリアの厳冬の挑む
  • 第3章 最初のアメリカ人
  • 第4章 アメリカ大陸を疾走する
  • 第5章 オセアニアへ乗り出す
  • 第6章 ハイテクで見る「日本人の起源」
  • 第7章 頭と顔の骨を読む
  • 第8章 血液が語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンゴロイドの道
著作者等 『科学朝日』
科学朝日編集部
書名ヨミ モンゴロイド ノ ミチ
書名別名 Mongoroido no michi
シリーズ名 朝日選書 523
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1995.3
ページ数 232, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4022596236
NCID BN12221341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95043779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想