ソフトウェア工学入門

河村一樹 著

本書はソウトウェア工学の現状とこれからの技術の概要を、ウォーターフォールモデルに立脚したライフサイクルに沿って平易に解説したものである。情報系の学校や企業のテキストとしても使用できるように、構造化技法、CASE,オブジェクト指向パラダイムなどについても解説した。ソフトウェア工学の基礎知識を得るための入門書、参考書として最適である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソフトウェアの本質
  • 第2章 ソフトウェア危機
  • 第3章 ソフトウェア工学
  • 第4章 要求定義技法
  • 第5章 システム設計技法
  • 第6章 プログラム設計技法
  • 第7章 プログラミング技法
  • 第8章 テスト技法
  • 第9章 保守技法
  • 第10章 ソフトウェア工学の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソフトウェア工学入門
著作者等 河村 一樹
書名ヨミ ソフトウェア コウガク ニュウモン
出版元 近代科学社
刊行年月 1995.3
ページ数 233p
大きさ 21cm
ISBN 4764902346
NCID BN12210028
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95039964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想