経済生活を動かすもの : 常識的物価論を是正する

鎌倉昇 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p3
  • 1 成長経済のなかの物価問題 / p9
  • <1>後進国型から先進国型の経済へ
  • <2>日本経済のなかの物価問題
  • 2 統計にみる物価上昇の実態 / p41
  • <1>消費者物価と卸売物価の上昇
  • <2>価格が上昇したのは大企業製品か中小企業製品か
  • <3>物価指数は平均を示したもの
  • 3 食料品の価格はなぜ上がる / p75
  • <1>輸入制限による物価上昇
  • <2>米価の安定策を考える
  • <3>生鮮食品の価格問題-コールド・チェーン
  • <4>政治と結びついた農業問題
  • 4 物価上昇の原因を探る / p115
  • <1>コストの上昇で物価の上がったもの
  • <2>コストは価格を上昇させるか
  • <3>物価上昇の原因はなにか
  • 5 物価の上昇は抑えられるか / p151
  • <1>政府は直接物価を抑えられるか
  • <2>コストはどうすれば下るか
  • <3>流通機構の合理化はどうするか
  • <4>中小企業の道
  • <5>供給調節の考え方
  • <6>物価問題への取り組み方

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済生活を動かすもの : 常識的物価論を是正する
著作者等 鎌倉 昇
書名ヨミ ケイザイ セイカツ オ ウゴカス モノ : ジョウシキテキ ブッカロン オ ゼセイスル
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1967
ページ数 191p
大きさ 18cm
NCID BN12208638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67004949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想