回想の第三帝国 : 反ヒトラー派将校の証言1932-1945  下

アレクサンダー・シュタールベルク 著 ; 鈴木直 訳

半世紀後に語る自叙伝。スターリングラードにおけるドイツ軍の敗退から、連合軍のノルマンディ上陸、ヒトラー暗殺未遂事件、ドイツの無条件降伏まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フォン・マンシュタイン元帥
  • 戦争最後の一年
  • あれから五十年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回想の第三帝国 : 反ヒトラー派将校の証言1932-1945
著作者等 Stahlberg, Alexander
鈴木 直
シュタールベルク アレクサンダー
書名ヨミ カイソウ ノ ダイサン テイコク
書名別名 Die verdammte Pflicht
シリーズ名 20世紀メモリアル
巻冊次
出版元 平凡社
刊行年月 1995.2
ページ数 413p
大きさ 20cm
ISBN 4582373364
NCID BN12206574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95045015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想