先例戸籍訂正法

田中加藤男 著

[目次]

  • 先例戸籍訂正法 〔目次〕
  • 第一部 総論 / p1
  • 第一章 戸籍訂正と家事審判 / p1
  • 第一節 戸籍訂正 / p1
  • 第二節 家事審判 / p3
  • 第二章 戸籍訂正許可の審判 / p5
  • 第一節 戸籍法一一三条による審判 / p5
  • 第二節 戸籍法一一四条による審判 / p8
  • 第三節 許可審判の性質 / p12
  • 第四節 審判書についての考察 / p13
  • 第三章 家事審判法二三条の審判 / p27
  • 第一節 審判の対象 / p28
  • 第二節 当事者適格 / p37
  • 第三節 合意 / p44
  • 第四節 審判の性質および効力 / p47
  • 第四章 家事審判と戸籍先例 -特にその抵触について- / p49
  • 第一節 単純な瑕疵ある審判と先例 / p50
  • 第二節 重大且つ明白な瑕疵ある審判と先例 / p51
  • 第三節 何ら瑕疵のない審判と先例 / p54
  • 第四節 審判・先例と市町村長 / p57
  • 第五章 戸籍事務の監督一元化について / p68
  • 第二部 具体的事例の検討 / p74
  • 第一章 親子関係存否に関する戸籍訂正 / p74
  • 第一節 嫡出の推定を受ける嫡出子の場合 / p74
  • 第二節 嫡出の推定を受けない嫡出子の場合 / p88
  • 第三節 嫡出でない子の場合 / p101
  • 第二章 創設的届出の無効に関する戸籍訂正 / p119
  • 第一節 無効が戸籍面上明らかである場合 / p119
  • 第二節 無効が戸籍面上明らかでないが、当事者間に身分行為をする意思とその届出をする意思があり、戸籍記載は氏名の誤記と認められる場合(〔54〕、〔55〕例) / p154
  • 第三節 無効が戸籍面上明らかでない場合 / p157
  • 第三章 事実等に関する戸籍訂正 / p172
  • 第一節 単純なる事実 / p172
  • 第二節 身分に影響のある事実 / p178
  • 第四章 渉外的戸籍訂正 / p186
  • 第一節 渉外的戸籍訂正総論 / p186
  • 第二節 渉外的親子関係 / p189
  • 第三節 渉外的夫婦関係 / p221
  • 第四節 国籍の得喪 / p243

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 先例戸籍訂正法
著作者等 田中 加藤男
書名ヨミ センレイ コセキ テイセイホウ
シリーズ名 レジストラー・ブックス
出版元 日本加除
刊行年月 1967
ページ数 259p
大きさ 19cm
NCID BN12198953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68002588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想