「声聞地」における所縁の研究

釈恵敏 著

本書は、初期瑜伽行派の厖大な文献「瑜伽師地論」のうちから、従来比較的顧みられることの少なかった「声聞地」を選び取り、そこに記述された出家者の修行体系を研究対象とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 (「声聞地」の文献考察
  • 所縁の課題)
  • 第1章 所縁の周辺(所縁の順序
  • 所縁の選択
  • 所縁に関する予備条件)
  • 第2章 所縁の実践(相称所縁
  • 不浄所縁
  • 慈愍所縁
  • 阿那波那念所縁)
  • 第3章 所縁の究極(遍満所縁
  • 所縁清浄)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「声聞地」における所縁の研究
著作者等 恵敏
釈 恵敏
書名ヨミ ショウモンチ ニ オケル ユカリ ノ ケンキュウ
書名別名 Shomonchi ni okeru yukari no kenkyu
シリーズ名 インド学仏教学叢書 5
出版元 インド学仏教学叢書編集委員会
刊行年月 1994.6
ページ数 301p
大きさ 26cm
ISBN 4796310053
NCID BN12166130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95000499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想