界面活性の化学と応用

妹尾学, 辻井薫 著

本書は、界面活性物質が現在の科学技術、そして日常生活においてどのように役立てられているか、基礎的観点に立って統一的に述べたものである。本書は、界面活性化学の基礎から応用まで体系的に述べたもので、現状の説明ばかりでなく、今後の展開の予測にもふれている。また、界面活性の科学の基礎について述べ、第一線の技術開発にかかわる最新の内容が盛られている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 界面活性とは
  • 2 界面活性を示す物質
  • 3 界面活性はどんな働きをするか
  • 4 界面活性物質はどのように使われるか
  • 5 自然界における界面活性物質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 界面活性の化学と応用
著作者等 妹尾 学
辻井 薫
日本化学会
書名ヨミ カイメン カッセイ ノ カガク ト オウヨウ
シリーズ名 新産業化学シリーズ
出版元 大日本図書
刊行年月 1995.1
ページ数 201p
大きさ 22cm
ISBN 4477005091
NCID BN12154969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95035497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想