鈴木家の経済学 : 会話形式で楽しく読む本 楽読本

芹沢数雄 著

全国のどんな町にもあるごく普通の家庭「鈴木家」を舞台にして繰り広げられる20の話を通して、普段なにげなく使っている経済用語の正確な意味やあやふやに理解している経済知識を再確認できる。日常生活の中で起きる様々な経済的事件を、はなし言葉でやさしく解説してあり、難しい経済学の専門用語や数式はいっさい出てこないから、ストーリーを楽しんで読み進むうちに、自然に経済のしくみがわかるようになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物の値段はなぜ上がる…の巻
  • ダイヤモンドは永遠に…の巻
  • 昔、テレビは高かった…の巻
  • バーゲン・セールはインチキか…の巻
  • 円高になって得するのはだれだ…の巻
  • バブルがはじけて河豚が安くなった…の巻〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鈴木家の経済学 : 会話形式で楽しく読む本 楽読本
著作者等 芹沢 数雄
書名ヨミ スズキサンチ ノ ケイザイガク
出版元 中央経済社
刊行年月 1994.12
ページ数 267p
大きさ 19cm
ISBN 450262151X
NCID BN12146020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95023014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想