観光のまなざし

ジョン・アーリ 著 ; 加太宏邦 訳

ミシェル・フーコーの<まなざし>の概念をてがかりに、ツーリストの視線とその対象を歴史的・経済的・文化的・視覚的なさまざまのレベルにおいて分析した画期的な<観光論>。大衆観光の起源、発展と衰退を産業革命期の社会史をふまえて論じ、現代における観光形態の変容をポストモダン文化の展開と結びつけて説く。実証的な記述は<観光の未来>を模索する現場の人びとに具体的な示唆を与え、<観光>をテクストに<文化>=人間の営為を読み解く姿勢は、幅広い読者層に知的刺激を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 観光のまなざし
  • 第2章 大衆観光と海浜リゾート地の盛衰
  • 第3章 変わりゆく観光産業の経済学
  • 第4章 観光のまなざしのもとで働く
  • 第5章 文化変容と観光のリストラ
  • 第6章 歴史へまなざしを向ける
  • 第7章 観光、文化、社会的不均等

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観光のまなざし
著作者等 Urry, John
加太 宏邦
アーリ ジョン
書名ヨミ カンコウ ノ マナザシ
書名別名 The tourist gaze

現代社会におけるレジャーと旅行

Kanko no manazashi
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1995.2
ページ数 289, 25p
大きさ 20cm
ISBN 4588021613
NCID BN12142063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95042374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想