裏切られたる革命 : ソヴィエット同盟とは何ぞやそれは何処に往くか

トロッキー 著 ; 荒畑寒村 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 7
  • 本書の目的 / 7
  • 追記 / 10
  • 第一章 達成せられたる結果 / 11
  • 一、產業的發達の主標 / 11
  • 二、これ等の達成の比較評價 / 14
  • 三、人口一人當りの生產 / 20
  • 第二章 經濟的發達と指導の紆餘曲折 / 26
  • 一、『戰時共產主義』、『新經濟政策』(ネツプ)、及び富農庇護策 / 26
  • 二、急轉回、『五ヶ年計畫を四年間に』、及び『完全な集團農場化』 / 36
  • 第三章 社會主義と國家 / 48
  • 一、過渡期の政體 / 48
  • 二、綱領と現實 / 52
  • 三、勞働者國家の二重性格 / 55
  • 四、『一般的缺乏』と憲兵 / 58
  • 五、『社會主義の完全なる勝利』と『獨裁の强化』 / 62
  • 第四章 勞働生產力への鬪爭 / 67
  • 一、貨幣と計畫 / 67
  • 二、『社會主義』的インフレーシヨン / 71
  • 三、ルーブルの復權 / 76
  • 四、スタハノフ運動 / 80
  • 第五章 ソヴイエツト・テルミドール / 87
  • 一、何故スターリンは勝つたか / 87
  • 二、ボルシヱヴイキ黨の墮落 / 94
  • 三、テルミドールの社會的根原 / 104
  • 第六章 不平等と社會的對立の發達 / 112
  • 一、缺乏、奢侈、投機 / 112
  • 二、プロレタリアートの分化 / 119
  • 三、集團部落における社會的對立 / 125
  • 四、支配者層の社會的[外]貌 / 131
  • 第七章 家庭・靑年及び文化 / 139
  • 一、家族に於ける反革命 / 139
  • 二、靑年に對する爭鬪 / 153
  • 三、民族性と文化 / 164
  • 第八章 外交と軍隊 / 180
  • 一、『…』から『現狀維持』まで / 180
  • 二、國際聯盟とコミンテルン / 186
  • 三、赤軍とその敎義 / 197
  • 四、民兵の廢止と士官位階制度の復活 / 207
  • 五、ソヴイエツト同盟と戰爭 / 215
  • 第九章 ソヴイエツト同盟内の社會的諸關係 / 223
  • 一、國家資本主義か? / 232
  • 二、官僚は支配階級か? / 235
  • 三、未だ歷史が決定せざるソヴイエツト同盟の本質問題 / 239
  • 第十章 新憲法に映れるソヴイエツト同盟 / 243
  • 一、『能力に應じた』仕事と私有財產 / 243
  • 二、ソヴイエツト民主々義 / 246
  • 三、民主々義と黨 / 251
  • 第十一章 ソヴイエツト同盟の行方 / 258
  • 一、危機の體制としてのボナパルチズム / 258
  • 二、『階級敵』と官僚との鬪爭 / 263
  • 三、新しい革命の不可避性 / 268
  • 附錄『一國に於ける社會主義』 / 275
  • 一、ソヴイエツト同盟の『友』 / 285
  • 譯者の言葉 / 293

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 裏切られたる革命 : ソヴィエット同盟とは何ぞやそれは何処に往くか
著作者等 Trotsky, Leon
Trot︠s︡kiĭ, Lev Davidovich
荒畑 寒村
トロッキー
書名ヨミ ウラギラレタル カクメイ : ソヴィエット ドウメイ トワ ナンゾヤ ソレ ワ ドコ ニ ユクカ
出版元 改造社
刊行年月 1937
ページ数 298p
大きさ 19cm
NCID BN12113054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60008623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想