佐々木道誉 : 南北朝の内乱と<ばさら>の美

林屋辰三郎 著

内乱期の主役の一人として、変転やまぬ政治の中を自在に生き抜き、立花、連歌など、この時代の芸能の巨大な推進者であった道誉。「ばさら」の王者の大きさと魅力を歴史の具体のうちにあますところなく描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 近江と京都
  • 1 佐々木系譜
  • 2 建武の中興
  • 3 南北朝の出現
  • 4 勝楽寺開創
  • 5 「ばさら」大名
  • 6 観応の擾乱
  • 7 幕府の重鎮
  • 8 芸能中興の祖
  • 9 巨星墜つ
  • 10 太平記の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 佐々木道誉 : 南北朝の内乱と<ばさら>の美
著作者等 林屋 辰三郎
書名ヨミ ササキ ドウヨ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1995.2
ページ数 215p
大きさ 16cm
ISBN 4582760856
NCID BN12112062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95049939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想