新世紀アジアの構想

渡辺利夫 著

急速な経済成長を遂げ、国際的地位を掌中にしたNIES。それに急迫するASEAN諸国、そして巨大な中国。その背景には市場への政府介入が容認される経済システム、すなわち権威主義開発体制があった。開発体制の詳細な描写、貿易・投資メカニズムの分析によって、東アジア成長の軌跡を辿り、さらには日本が選択すべき開発援助の方向をも示唆する一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 NIESの今日をもたらしたものはなにか
  • 第2章 ASEAN諸国の開発体制
  • 第3章 中国の経済発展をどう理解するか
  • 第4章 東アジア経済発展の国際的契機
  • 第5章 日本の対応-自助努力支援の理念を高く掲げよ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新世紀アジアの構想
著作者等 渡辺 利夫
書名ヨミ シンセイキ アジア ノ コウソウ
書名別名 Shinseiki ajia no koso
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.2
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480056238
NCID BN12101496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95041891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想