長岡城奪還

稲川明雄 著

慶応四年(一八六八)七月二十五月、長岡藩総督河井継之助の采配のもと、長岡藩兵八百余名は、魔蛇が棲むという八町沖を徒渉、敵中に潜入して長岡城を奪い返した。夜行暁戦、故城へむかって各隊が疾駆突戦する。その作戦の見事さは、継之助の才腕によるものだった。奇謀の計によって、薩長の野望を砕こうとする継之助。大兵を擁し、維新の大望をふりかざす山県狂介(有朋)ら。北越の戦いは、天下分け目のいくさとなった。そのハイライトともいうべき、長岡城奪還戦の十六日間を克明に追う。そこには東軍陣営、とくに米沢藩と長岡藩の葛藤、薩摩・長州藩兵ら西軍諸藩兵の戦いの実態、焦土作戦による住民の悲哀、新潟陥落による長岡再落城の様子、そして、ふるさとを奪い返し、城下の土を踏んで涙する長岡藩士の様子が描かれている。戊辰戦史上、まれにみる激戦の実相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 風雲の魔王
  • 第1章 緑風と赤雨
  • 第2章 奇謀の転機
  • 第3章 杳々の黄昏
  • 第4章 阿修羅の襲撃
  • 第5章 死闘する諸兵
  • 第6章 西兵、起立す
  • 第7章 魔神との別れ
  • 第8章 雷神現る
  • 第9章 勝利に感涙す
  • 第10章 孤城の占拠
  • 第11章 風、蕭々として
  • 第12章 捨身しうる者
  • 付録 八町沖渡行作戦参加 長岡藩兵・隊別名簿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長岡城奪還
著作者等 稲川 明雄
書名ヨミ ナガオカジョウ ダッカン
出版元 恒文社
刊行年月 1994.7
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 4770408080
NCID BN12087555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95035167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想