鴨長明

三木紀人 著

隠者文学の代表作といわれる『方丈記』の作者鴨長明は、京都下鴨社社家の次男。自閉的な性格で妻子とも三十代の初めに離別した。詩歌管絃にすぐれ、歌人としても活躍したが、五十歳のとき下鴨社の人事異動に敗れ、大原に移って出家した。晩年の著作『方丈記』『無名抄』『発心集』に彼の独自な生き方を読みとることができる。生涯、心の救済と格闘し続けた数奇者としての長明の一生を縦横に描いた好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 幼年期
  • 孤児
  • 出発期
  • 異性体験
  • 大火と辻風
  • 都遷り
  • 飢餓と戦乱
  • 歌林苑
  • 三十歳前後
  • 三十代
  • 中原有安
  • 四十代へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鴨長明
著作者等 三木 紀人
書名ヨミ カモ ノ チョウメイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.2
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 4061591649
NCID BN12070905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95044309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想