ダルマの民俗学 : 陰陽五行から解く

吉野裕子 著

固く結ばれた口、二つの巨大な目…。赤いダルマは縁起物として正月の市で売られ、選挙事務所にもおかれている。なぜ、これほどまで人びとのなかに生き続けているのか。各地のダルマ信仰を紹介しつつ、先人たちが生活のよりどころとしていた陰陽五行の世界観により、その謎を探る。身近なモノを通して易・五行の世界へ誘うユニークな書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめての陰陽五行
  • 達磨大師とダルマ
  • ダルマのある風景
  • ダルマはなぜ赤い
  • ダルマさんが転んだ
  • ダルマさん、にらめっこしましょ
  • ダルマさん笑っちゃだめよ
  • ダルマさんの仲間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダルマの民俗学 : 陰陽五行から解く
著作者等 吉野 裕子
書名ヨミ ダルマ ノ ミンゾクガク
書名別名 Daruma no minzokugaku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.2
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4004303788
NCID BN12066362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95043754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想