中世に生きる女たち

脇田晴子 著

後醍醐天皇寵妃の阿野廉子、悲劇の佳人後深草院二条、「尼将軍」北条政子、ならびなき権勢を誇った日野富子、秀吉の糟糖の妻ねね、等々-中世を彩った女性群像をちりばめつつ、公家・武士・庶民の妻そして尼僧の姿を描きだしていく。母性・家政・性愛をめぐって縦横に展開される数々のエピソードはまことに興味深い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 王朝文学の女性像
  • 1 公家の女房
  • 2 武士の妻たち
  • 3 尼僧の生涯
  • 4 女商人と庶民の生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世に生きる女たち
著作者等 脇田 晴子
書名ヨミ チュウセイ ニ イキル オンナタチ
書名別名 Chusei ni ikiru onnatachi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.2
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 400430377X
NCID BN12066067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95043519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想