上山春平著作集  第8巻 (空海と最澄)

上山 春平【著】

死の淵から救われた自らの行法体験に発し、精緻な論証によって空海伝記の通説を覆した長編『空海』ほか、鑑真から最澄への戒律革命、空海と最澄の激突のドラマなど、日本仏教創成の真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 空海と最澄の独創性
  • 空海のあゆみ
  • お大師さまと求聞持法
  • 空海
  • 鑑真の「西征」によせて
  • 鑑真から最澄へ
  • 鑑真「東征」の謎
  • 鑑真の思想
  • 最澄の戒律革命
  • 延暦寺の戒壇
  • 日本文化における遠心と求心
  • 最澄と空海
  • 空海と最澄の文通

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上山春平著作集
著作者等 上山 春平
書名ヨミ ウエヤマ シュンペイ チョサクシュウ
書名別名 空海と最澄

Ueyama shunpei chosakushu
巻冊次 第8巻 (空海と最澄)
出版元 法蔵館
刊行年月 1995.1
ページ数 509p
大きさ 22cm
ISBN 4831835382
NCID BN12065133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95043437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想