ガーダマーとの対話

ハンス=ゲオルク・ガーダマー 著 ; カルステン・ドゥット 編 ; 巻田悦郎 訳

解釈学の重鎮にしてドイツ哲学界の最後の巨人のひとりH‐G・ガーダマー教授に若き哲学徒が挑んだ対話篇。ガーダマーの哲学者としての生涯、その理論展開や論争にまつわるエピソード、師ハイデガーとの議論や論敵デリダ、ヤウスらほの評価など興味深い問題がつぎつぎと論じられる。昨今のドイツの思想状況をも視野にとりこみつつ、みずからの哲学的課題を語りつづける衰えを知らぬ知の遠近法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 解釈学
  • 第2部 美学
  • 第3部 実践哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガーダマーとの対話
著作者等 Dutt, Carsten
Gadamer, Hans-Georg
巻田 悦郎
Gadamer Hans・Georg
ドゥット カルステン
ガーダマー ハンス・ゲオルク
書名ヨミ ガーダマー トノ タイワ
書名別名 Hermeneutik,Ästhetik,praktische Philosophie

解釈学・美学・実践哲学
シリーズ名 ポイエーシス叢書 26
出版元 未来社
刊行年月 1995.1
ページ数 98p
大きさ 20cm
ISBN 4624932269
NCID BN12048666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95033640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想