科学史の事件簿

科学朝日 編

なにが、彼らをそうさせたのか…24人の大科学者をめぐる、危うい出来事。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 疑惑にかすんだクローンマウスの「父」-カール・イルメンゼー
  • ノーベル賞受賞直後の亡命劇-エンリコ・フェルミ
  • ピルトダウン人事件の共犯者?-ピエール・テイヤール・ド・シャルダン
  • 苦痛を愛した外科医-フランソワ・マジャンディ
  • 師デーヴィとの愛憎-マイケル・ファラデー
  • 幻に終わった放射線「N線」-ルネ=プロスペル・ブロンロー
  • 進化論のプリンスの「受難」-スティーヴン・ジェイ・グールド
  • 「原子論」の悲劇の闘士の死-ルートヴィヒ・ボルツマン〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学史の事件簿
著作者等 科学朝日編集部
科学朝日
書名ヨミ カガクシ ノ ジケンボ
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1995.1
ページ数 277, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4022568240
NCID BN12017254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95032407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想