チェーホフ研究入門 : 学習版

セマーノヴァ 著 ; 岩上順一 訳

[目次]

  • チェーホフ研究入門
  • 目次
  • 幼少年時代のチェーホフ / 7
  • 農奴の後裔 / 8
  • タガンローグの中学校 / 12
  • 学生チェーホフの演劇熱 / 22
  • 作家の芽生え / 32
  • 八十年代のチェーホフ / 39
  • モスクワ大学医学部の潮流 / 40
  • 医療の倫理とチェーホフのヒューマニズム / 50
  • 八十年代のチェーホフの創作 / 55
  • ユーモア雑誌での目に見えぬたたかい / 56
  • シチェードリンの諷刺とチェーホフのユーモア / 64
  • 大きな文学への独自な歩み / 69
  • 中篇小説「草原」とゴーゴリの伝統 / 78
  • 「草原」のレアリズム / 84
  • トルストイへの愛と疑い / 98
  • 「退屈な話」とかくされた傾向性 / 105
  • スヴォーリンの《新時代》との訣別 / 110
  • 九十年代のチェーホフ / 119
  • 「なにをなすべきか?」 / 120
  • ながいくるしい旅・サハリン(樺太)へ / 125
  • 九十年代のチェーホフの創作 / 133
  • 「百姓」「谷間」をめぐる論争 / 134
  • 「六号室」とレーニンの感動 / 138
  • 「女主人」「三年」について / 143
  • 晩年のチェーホフ / 151
  • ゴーリキーとの文学的友情 / 152
  • 批判的レアリズムの終局 / 157
  • ゴーリキーのチェーホフ追悼 / 162
  • 作品研究 / 167
  • 短篇「官吏の死」について / 168
  • 短篇「カメレオン」の豹変 / 173
  • 短篇「箱に入つた男」について / 181
  • 短篇「すぐり」について / 195
  • 短篇「愛について」 / 201
  • 短篇「イオヌィチ」について / 204
  • チェーホフの劇作法 / 217
  • 八十年代の戯曲「イワーノフ」その他 / 218
  • オストロフスキーとチェーホフの「かもめ」 / 224
  • オストロフスキーの演劇革新 / 231
  • 社会的心理劇「伯父ヴァーニャ」 / 241
  • 「伯父ヴァーニャ」の登場人物 / 251
  • 「伯父ヴァーニャ」の成功と反響 / 264
  • 「桜の園」について / 269
  • 「桜の園」ができるまで / 270
  • 「桜の園」とモスクワ芸術座 / 280
  • 「桜の園」のテーマ / 289
  • ラーネフスカヤとガーエフについて / 296
  • ロパーヒンとトロフィーモフその他について / 313
  • 譯註 / 325
  • 譯者あとがき / 327

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 チェーホフ研究入門 : 学習版
著作者等 Semanova, M
Semanova, M. L.
岩上 順一
セマーノヴァ
書名ヨミ チェーホフ ケンキュウ ニュウモン : ガクシュウバン
出版元 未来社
刊行年月 1954
版表示 学習版
ページ数 328p 図版
大きさ 19cm
NCID BN12004911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54007411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想