庄内藩

斎藤正一 著

出羽国(山形県)鶴岡に藩庁を置いた庄内藩の成立からその終焉まで、次々と起こる藩内の事件などを通して封建制社会の本質を究明する。平易で分りやすい記述は、その文化面・生業面の実態をも興味深く説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 初期の庄内藩
  • 第2 藩政改革
  • 第2 幕末の庄内藩
  • 第4 庄内藩の文化と生活

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 庄内藩
著作者等 斎藤 正一
日本歴史学会
書名ヨミ ショウナイハン
書名別名 Shonaihan
シリーズ名 日本歴史叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1995.2
版表示 新装版
ページ数 277, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4642066063
NCID BN11992685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95032120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想