漢語と日本人

鈴木修次 著

本書は、日常における漢語使用を具体的にとりあげ、その意味と機能を明らかにしたユニークな「ことばの文化論」である。「的」の文化、禅文化にまつわる漢語、音訓混用語など、豊富な実例によって展開される本書は、日本語を考える人々に貴重な示唆を与えるにちがいない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「的」の文化
  • 2 外来語としての中国語
  • 3 禅文化にまつわる漢語
  • 4 続・禅文化にまつわる漢語
  • 5 呉音語と漢音語
  • 6 擬態語の中の漢語
  • 7 音訓混用語
  • 8 国語漢語と中国語
  • 9 漢語の「短絡語」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢語と日本人
著作者等 鈴木 修次
書名ヨミ カンゴ ト ニホンジン
出版元 みすず書房
刊行年月 1995.1
版表示 新装版
ページ数 274, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4622011751
NCID BN11990919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95049146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想