ルネサンス・ヒュマニズムの研究 : 「市民的人文主義」の歴史理論への疑問と考察

石坂尚武 著

[目次]

  • 序論 ルネサンス人文主義をめぐる論争と本論文の視点
  • 第1部 文献研究
  • 第2部 社会と政治における人文主義者

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序論-ルネサンス人文主義をめぐる論争と本稿の視点- / p1
  • 第一節 本論文全体の構成 / p1
  • (一)バロンの「市民的人文主義」の概念と「市民的人文主義」の歴史的形成 / p2
  • (二)市民的人文主義の本質-古典主義に対する価値の転換- / p5
  • 第二節 シーゲルの反論と「キケロ主義的人文主義」の概念 / p8
  • (一)中世修辞学の伝統とシーゲルの視点 / p8
  • (二)雄弁術と哲学の統合-人文主義者の理念- / p9
  • 第三節 本論文の視点 / p14
  • 第四節 相対的なものの見方-人文主義者の意識の根底に流れるもの- / p16
  • 第五節 ルネサンス人文主義者の掲げる理想の意味 / p26
  • 第一部 文献研究 / p29
  • (I)「キケロ主義的人文主義者」の著作 / p29
  • 第一章 文献の総合的視野からの把握-サルターティの人文主義と『僣主論』(一) / p30
  • はじめに / p30
  • 第一節 バロンのサルターティ観と『僣主論』についての解釈 / p35
  • 第二節 バロンの『僣主論』の解釈に対する疑問と考察 / p37
  • (a)『僣主論』の真の主題は何か / p37
  • (b)『僣主論』はフィレンツェの体制を否定しているか-梗概を追いつつ- / p40
  • 第二章 人文主義的著作の成立背景とその文学形式-サルターティの人文主義と『僣主論』(二)- / p44
  • 第一節 著作の成立背景をめぐる問題 / p44
  • 第二節 人文主義的著作における修辞学的志向のパターン / p48
  • (a)遊戯的な修辞学志向 / p48
  • (b)状況への実践的対応 / p51
  • おわりに / p57
  • 第三章 市民的人文主義の理論と「活動生活」の優位の問題-サルターティ『ペッレグリッーノ宛書簡』を読む / p60
  • はじめに / p60
  • 第一節 『ペッレグリーノ宛書簡』の再点検-直接的背景と概要の紹介- / p63
  • 第二節 『ペッレグリーノ宛書簡』を読む / p66
  • 第三節 考察-「キケロ主義的人文主義」の著作としての解釈- / p72
  • 第四章 ポッジョ・ブラッチョリーニの人文主義と『貪欲論』 / p77
  • はじめに / p77
  • 第一節 ポッジョ ・ブラッチョリーニの経歴 / p77
  • 第二節 「市民的人文主義」における『貪欲論』の近代的解釈 / p79
  • 第三節 バルトロメーオの貪欲批判とアントーニオの貪欲肯定論 / p81
  • 第四節 「市民的人文主義」への批判的再検討-「キケロ主義的人文主義」の著作としての解釈- / p86
  • (第一部 文献研究)(II)「キケロ主義的人文主義」への挑戦-道徳哲学研究の否定- / p97
  • 第五章 ルネサンス人文主義における道徳哲学の確立-ヴァッラの人文主義への前史として- / p99
  • はじめに / p99
  • 第一節 人文主義的価値観とキリスト教的価値観 / p102
  • 第二節 なぜ人文主義的学芸において道徳哲学が重視されたか / p108
  • 第三節 「キケロ主義的人文主義者」とヴァッラの対決 / p111
  • 第六章 ロレンツォ・ヴァッラの人文主義と『快楽論』-キリスト教と修辞学の統一- / p114
  • 第一節 宗教的反抗としての道徳哲学の拒否 / p114
  • 第二節 美徳を至上とする価値観の否定とエピクロス主義の導入 / p117
  • (a)『快楽論』序文からの考察 / p118
  • (b)著作の構成からの考察 / p120
  • (c)『快楽論』第一・二巻における雄弁術的意味と本文の概要からの考察 / p123
  • 第三節 ヴェージョのエピクロス主義の主張(概要) / p126
  • (a)第一巻より / p126
  • (b)第二巻より / p128
  • 第四節 ヴァッラのキリスト教精神-『快楽論』第三巻の世界- / p133
  • 結語 / p136
  • 第二部 社会と政治における人文主義者 / p139
  • 第一章 フイレンツェ書記官長職と人文主義者 / p141
  • はじめに / p141
  • 第一節 フイレンツェ書記官長職の形成 / p144
  • 第二節 サルターティの職業的、政治的経歴 / p147
  • 第三節 書記官長の虚像と実像 / p150
  • おわりに / p153
  • 第二章 アレッツォのコムーネ精神とルネサンス人文主義の形成(一)-職業的人文主義者の登場- / p156
  • 第一節 はじめに-十三世紀アレッツォの研究の意義- / p156
  • 第二節 十三世紀アレッツォの学問的栄光の背景 / p160
  • 第三章 アレッツォのコムーネ精神とルネサンス人文主義の形成(二)-職業的人文主義者の登場- / p166
  • 第一節 十三世紀アレッツォにおけるルネサンス人文主義の曙光 / p166
  • 第二節 十五世紀に生きるアレッツォのコムーネ精神と職業的人文主義者の巣立ち / p171
  • 第四章 キケロ主義的人文主義者と政治思想 / p180
  • はじめに / p180
  • 第一節 ペトラルカと政治の関係 / p181
  • 第二節 クァットロチェント初期のフィレンツェの政治状況と人文主義者 / p187
  • 本論文の結びのことば / p192
  • 註 / p196
  • 参考文献 / p235
  • 筆者のこれまでに発表した論文・報告と本稿との関連 / p239

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ルネサンス・ヒュマニズムの研究 : 「市民的人文主義」の歴史理論への疑問と考察
著作者等 石坂 尚武
書名ヨミ ルネサンス ヒュマニズム ノ ケンキュウ : シミンテキ ジンブン シュギ ノ レキシ リロン エ ノ ギモン ト コウサツ
出版元 晃洋書房
刊行年月 1994.12
ページ数 336, 15p
大きさ 22cm
ISBN 4771007497
NCID BN11979133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95033638
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想