予感と憧憬の文学論 : ドイツ・ロマン派フリードリヒ・シュレーゲル研究

中井千之 著

本書は、ドイツ初期ロマン派のすぐれた知性フリードリヒ・シュレーゲルの精神約発展の軌跡を問う一つの試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 新しき神話と旧き神話と
  • 2 ポエジーへの視点-フリードリヒ・シュレーゲルの文学観の発展
  • 3 象徴の文学-ロマンティシェ・ポエジー
  • 4 ロマンティシュな詩人シェイクスピア
  • 5 フリードリヒ・シュレーゲルの「先験的」思索について
  • 6 存在の中心を求めて-若きフリードリヒ・シュレーゲルと宗教
  • 7 生命の哲学とポエジー
  • 8 「普遍性」の理念
  • 9 フリードリヒ・シュレーゲルの虚像と実像
  • 10 「もののあはれをしる」と浪漫的憧憬-本居宣長とフリードリヒ・シュレーゲル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 予感と憧憬の文学論 : ドイツ・ロマン派フリードリヒ・シュレーゲル研究
著作者等 中井 千之
書名ヨミ ヨカン ト ドウケイ ノ ブンガクロン
書名別名 Yokan to dokei no bungakuron
出版元 南窓社
刊行年月 1994.12
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4816501452
NCID BN11976317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95026822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想