マイクロコンポジットをつくる

西敏夫, 酒井忠基 著

本書では、まず最初にマイクロコンポジットとは何かを解説し代表例としてポリマーアロイと微粒子複合系を取り上げることにした。次に、微細構造制御の基本になるマイクロコンポジットの構造と形態について、その構造形成と制御を中心に界面、ミクロ相分離を含めて紹介した。また、加工で話題になっているリアクティブプロセシングを中心にマイクロコンポジットの作り方を具体的に解説した。このように進歩の早い分野では、実験室スケールでのみ実現するような材料が先走ってしまうことがよくあるが、リアクティブプロセシングは工業的規模で実現可能である良い例だからである。最後に、作成したマイクロコンポジットの構造、分子オーダーで相互作用、分子運動と物性など構造制御の基本となるキャラクタリゼーションについて具体例をいくつか示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 マイクロコンポジットとは
  • 2章 マイクロコンポジットの構造と形態
  • 3章 マイクロコンポジットの作り方
  • 4章 マイクロコンポジットのキャラクタリゼーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マイクロコンポジットをつくる
著作者等 西 敏夫
酒井 忠基
高分子学会
書名ヨミ マイクロ コンポジット オ ツクル
書名別名 Maikuro konpojitto o tsukuru
シリーズ名 高分子加工one point 8
出版元 共立
刊行年月 1995.1
ページ数 91p
大きさ 19cm
ISBN 4320043197
NCID BN11967291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95034079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想