近代日本の水害地域社会史

内田和子 著

[目次]

  • 前編 日本における水害予防組合の展開過程(水害予防組合の定義と関連組織
  • 水害予防組合の設立をめぐる治水・利水組織の検討
  • 水害予防組合の諸機能と治水・利水事業の検討
  • 水害予防組合の組合数と分布の推移)
  • 後編 日本における水害予防組合の地域的特色(府県営改修事業の成立を規定した地元費用負担の賦課方式-新潟県佐渡郡国府川水害予防組合地域
  • 地域に継承された水防社会-岐阜県大垣輪中水害予防組合地域
  • 用排水事業の推進による農業基盤の確立-新潟県西蒲原郡上郷水害予防組合地域
  • 府県営改修事業の推進と治水事業の支援システム-兵庫県氷上郡佐治川水害予防組合地域
  • 都市化に起因する水害予防組合の解体過程-神奈川県鶴見川水害予防組合地域)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の水害地域社会史
著作者等 内田 和子
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ スイガイ チイキ シャカイシ
出版元 古今書院
刊行年月 1994.12
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 4772216464
NCID BN11965230
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95026161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想