すべては卵から始まる

西田宏記 著

生物はたった一つの細胞である卵から発生し、決まった形を作り上げるとともに、それぞれに違った働きをもつ細胞を分化させる。そのメカニズムはどのようになっているのだろうか。この古くからの謎が今、形づくりや細胞分化をつかさどる遺伝子の発見を機に、劇的に解明されつつある。興味深いトピックスを随所に盛り込みながら、発生研究の最前線をやさしく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 すべては卵から始まる
  • 2 細胞の家系図
  • 3 卵は均一なボールか
  • 4 細胞が発生運命を教える
  • 5 細胞どうしの話し合い
  • 6 体の中の番地づけ
  • 7 筋肉細胞と神経細胞はどこが違うか
  • 8 形づくりのしくみ
  • 9 ヒトとハエの共通点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すべては卵から始まる
著作者等 西田 宏記
書名ヨミ スベテ ワ タマゴ カラ ハジマル
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 19
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.1
ページ数 127p
大きさ 19cm
ISBN 400006519X
NCID BN11932504
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95035508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想