マスメディアと社会 : 新たな理論的潮流

J.カラン, M.グレヴィッチ 編 ; 児島和人, 相田敏彦 監訳

1980年代、マス・コミュニケーション理論は著しい進展をみせた。新しい領域、新しいアプローチを組み込んだ定評あるテクストの改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文化、コミュニケーション、そして政治経済学
  • 第2章 メディアに対するフェミニズムの視点
  • 第3章 ポストモダニズムとテレビ
  • 第4章 公共性の観点からみたマスメディア-メディア・パフォーマンスのための規範の構築に向けて
  • 第5章 マスメディアと民主主義:再評価
  • 第6章 国際コミュニケーションにおける「グローバル」と「ローカル」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マスメディアと社会 : 新たな理論的潮流
著作者等 Curran, James
Gurevitch, Michael
児島 和人
相田 敏彦
グレヴィッチ M.
カラン J.
書名ヨミ マス メディア ト シャカイ
書名別名 Mass media and society
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.1
版表示 〔改訂版〕
ページ数 240, 24p
大きさ 22cm
ISBN 4326600969
NCID BN11928314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95028938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想