ウィトゲンシュタイン入門

永井均 著

世紀末のウィーンに生まれ、20世紀初頭の英国ケンブリッジを舞台に活躍した天才哲学者ウィトゲンシュタイン。ユダヤ系の鉄鋼財閥の裕福な家庭に育ちながら、その後たどった数奇な生涯と一風変わった人となりによって、彼の思想の全貌はいまも神秘的な色彩を帯びている。彼が生涯を賭けて問いつづけた「語りえないもの」とは何か。初期の写像理論から中期の文法理論、後期の言語ゲーム理論へと展開する独特のアイディアにみちた思想の核心にわけ入り、読者とともに考える、清新な魅力にあふれた入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ウィトゲンシュタインの光と陰
  • 第1章 生い立ち
  • 第2章 像-前期ウィトゲンシュタイン哲学
  • 第3章 復帰
  • 第4章 文法-中期ウィトゲンシュタイン哲学
  • 第5章 言語ゲーム-後期ウィトゲンシュタイン哲学
  • 第6章 最期
  • 終章 語りえぬもの-光と陰、再び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタイン入門
著作者等 永井 均
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ニュウモン
書名別名 Uitogenshutain nyumon
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1995.1
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480056203
NCID BN11926862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95036741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想