障害児発達学の基礎 : 障害児の発達と教育

村井潤一, 小山正 共著

本書は、障害児(者)が社会の中で健常者と共に生きるという原点にたち、発達の概念を重視しながら障害児教育をとらえようとするものである。言語・運動発達等の基本的知識、臨床研究をはじめ、教育援助における9歳の壁、カリキュラム・後期中等教育等の学校問題、さらには就業・結婚について現代の課題と今後の展望を論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 障害児発達の基本問題
  • 2章 発達の基礎
  • 3章 障害児の発達上の諸問題
  • 4章 障害児の発達過程
  • 5章 障害児の発達過程における象徴機能、言語発達の問題
  • 6章 障害児の教育
  • 7章 障害者の自立と社会
  • 8章 これからの障害児教育について考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 障害児発達学の基礎 : 障害児の発達と教育
著作者等 小山 正
村井 潤一
書名ヨミ ショウガイジ ハッタツガク ノ キソ
書名別名 Shogaiji hattatsugaku no kiso
出版元 培風館
刊行年月 1995.1
ページ数 185p
大きさ 22cm
ISBN 4563055948
NCID BN11924641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95030727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想