ヘーゲル・大人のなりかた

西研 著

マルクス主義につながる悪しき思想の根源とされていたヘーゲルは過去のものになる。共同体と人間の関係について徹底的に考えた思想としてヘーゲル哲学を捉えた新しい入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヘーゲルってどんな人?
  • 第1章 人々が熱狂した近代の夢
  • 第2章 愛は世界を救えるか
  • 第3章 自己意識は自由をめざす
  • 第4章 わがままな意識は大人になる
  • 第5章 私と世界の分裂と和解
  • 第6章 制度の根拠はどこにあるのか
  • 終章 ヘーゲル哲学をどう受けつぐか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘーゲル・大人のなりかた
著作者等 西 研
書名ヨミ ヘーゲル オトナ ノ ナリカタ
書名別名 Hegeru otona no narikata
シリーズ名 NHKブックス 725
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1995.1
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4140017252
NCID BN1192187X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95054759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想