テレビCMの青春時代 : ふたりの名演出家の短すぎた生涯

今井和也 著

民間放送開局後十年を経た1960-70年代、テレビコマーシャルは、商品名連呼の時代を脱し、フィルムがひとつの「作品」として完成度を高めていった。なかでも日本天然色映画の杉山登志と電通映画社の松尾真吾とは、その短くも華やかな活躍によって、伝説的な演出家といわれている。本書は、長年企業の広告担当者として大ヒットCMにも携わった著者が、多才な人々が触発しあった熱い時代の息吹を伝えようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 杉山登志、「日天」に入る
  • 第2章 初めての国際賞
  • 第3章 松尾真吾と電通映画社
  • 第4章 「イエイエ」売り出す
  • 第5章 CM界のスーパースター
  • 第6章 「日天」の暗雲
  • 第7章 「ダーバン・セ・レレガンス」
  • 第8章 最後の夏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレビCMの青春時代 : ふたりの名演出家の短すぎた生涯
著作者等 今井 和也
書名ヨミ テレビ シーエム ノ セイシュン ジダイ
書名別名 Terebi shiemu no seishun jidai
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.1
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4121012267
NCID BN11913995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95040637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想