メタセコイア : 昭和天皇の愛した木

斎藤清明 著

一九四一年、植物学者三木茂博士が日本で出土した化石から発見した名づけたメタセコイアは、百万年前に姿を消したと考えられていた。ところが同じ年、中国四川省奥地で発見され、一九四八年、現生するメタセコイアとして新種記載された。化石は甦ったのである。本書は、古生物学、植物学の歩みを辿りつつ、国境を越えた学者間の友情、そして戦後日本の復興をこの木に託して詠まれた昭和天皇のエピソードを愛情こめて綴る物語である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発見
  • 第2章 三木茂
  • 第3章 アケボノスギ
  • 第4章 時の流れに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メタセコイア : 昭和天皇の愛した木
著作者等 斎藤 清明
書名ヨミ メタセコイア
書名別名 Metasekoia
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.1
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4121012240
NCID BN1191350X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95040449
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想