判例民事手続法

新堂幸司 著

「民事訴訟法は誰のためにあるか」という一貫した観点から、「利益考量」をキーワードに、利用者の立場を不当に無視した判例・通説に立ち向かい、理論の再構築を試みる。「新堂・民訴」の理論の礎である著者の40年にわたる判例研究を集大成した待望の書。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 判例民事手続法
著作者等 新堂 幸司
書名ヨミ ハンレイ ミンジ テツズキホウ
出版元 弘文堂
刊行年月 1994.12
ページ数 463, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4335351410
NCID BN11913419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95023009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想