山里の釣りから

内山節 著

利根川の支流、神流川源流域の山村で岩魚や山女を釣り、畑を借りて野菜を作る。自然との多様なかかわりをもつ山里の労働と暮らしの文化を学びとり、「流れる川」に荒廃をもたらした水資源開発と都市の生活を考える。山里の四季、釣りの楽しみを爽やかに綴りながら、自然と人間の関係、現代産業社会のあり方をとらえ直す、思索的エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山里の釣りから
  • 第2章 神流川遡行記
  • 第3章 山村生活譜
  • 第4章 山村の変化と岩魚の保護について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山里の釣りから
著作者等 内山 節
書名ヨミ ヤマザト ノ ツリ カラ
シリーズ名 同時代ライブラリー 212
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.1
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 4002602125
NCID BN11905217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95043676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想