日本語はおもしろい

柴田武 著

さつま芋はムスのかフカスのか、フンケイの友とはどういう関係か、口腔はコウコウかコウクウか、スッパダカとマッパダカはどう違うのか…。何げなく使われる日常の話しことばに鋭い考察と緻密な分析を加えて、意味の構造、話しことばのゆれ、言語変化のゆくえなど、日本語について話し手のひとりとしてさまざまな角度から論考する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間(自分のことばに返る
  • 無視できない話者語源
  • 全国語・みやこ語・共通語
  • 長くない外来語の長音
  • 学術用語の課題は日本語の課題
  • 索引はよく間に合うガイド)
  • 2 言語(味覚・料理のことばの二角柱
  • オノマトペの宮沢賢治
  • 桃太郎の日本語
  • 清少納言の「春はあけぼの」
  • 高利と小売りは違うぞなもし
  • 符牒はどこまで隠語か)
  • 3 変動(目立たないアクセントを目ざす
  • 複数回答に時間的変化を見る
  • 折れ曲る十代のことば)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語はおもしろい
著作者等 柴田 武
書名ヨミ ニホンゴ ワ オモシロイ
書名別名 Nihongo wa omoshiroi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.1
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4004303737
NCID BN11895725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95035899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想