ギュンター・グラス詩集

飯吉光夫 編訳

詩人として出発し、長篇小説『ブリキの太鼓』によって、ドイツ戦後文学の旗手となったギュンター・グラス。本書は、グラス文学のルーツをたどるアンソロジー。リアリズムと幻想が複雑に交錯する特異な世界。エロティシズム、諷刺、諧謔、怒りとユーモア。人間存在の根源を撃つ怒濤のエネルギーが爆発する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギュンター・グラス詩集
著作者等 Grass, Günter
飯吉 光夫
Grass G¨unter
グラス ギュンター
書名ヨミ ギュンター グラス シシュウ
シリーズ名 双書・20世紀の詩人 18
出版元 小沢書店
刊行年月 1994.12
ページ数 181p
大きさ 19cm
NCID BN11871374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95028214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想