シェイクスピアのイコノロジー

岩崎宗治 著

シェイクスピア劇の舞台タブローが内包するリアリスティク=アレゴリカルという重層構造を、エリザベス朝のエンブレム・イコンを解読コードとして分析し、その圧倒的な視覚イメージの歴史文化的意味を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シェイクスピア劇のイコノロジー(『リチャード三世』-<歴史>を動かすもの
  • 『ロミオとジュリエット』の異教秘儀
  • 『夏の夜の夢』-<愛>と<貞潔>のドラマ
  • 『ヴェニスの商人』と<幸福の寓意>
  • ルネサンスの憂鬱-『ハムレット』の図像学 ほか)
  • 2 シェイクスピア劇と中世の伝統(シェイクスピアとイギリス中世演劇
  • 劇的対立のイメージ-中世的とルネサンス的)
  • 3 シェイクスピア劇とルネサンスの詩学(詩と劇における予型論的想像力
  • モラリスト・シェイクスピア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアのイコノロジー
著作者等 岩崎 宗治
書名ヨミ シェイクスピア ノ イコノロジー
書名別名 Sheikusupia no ikonoroji
シリーズ名 南山大学学術叢書
出版元 三省堂
刊行年月 1994.12
ページ数 347p
大きさ 22cm
ISBN 4385355738
NCID BN11870994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95020786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想