産業社会における組織と秩序

犬塚先 著

産業社会を構成する主要な単位である企業組織を関心の中心において、組織の構成原理を解明し、企業が社会関係全体の中でどのような位置を占めているか、そしてそれらを含めた全体の構造がどのように形成されているかという点を明らかにすることが、本書の目的である。本書は、現状の細部に及ぶ克明な解釈というよりも、その背後に存在する原理を大胆につかみとり、それを基にして産業社会、とりわけ日本の社会の骨格を記述し、さらにはその将来の方向性を検討する1つの小さな試みとしてまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 視点と構成
  • 第2章 労働者意識の将来
  • 第3章 現代企業の組織理論
  • 第4章 労務管理の本質
  • 第5章 労働組合の組織と運営
  • 第6章 企業中心社会の構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 産業社会における組織と秩序
著作者等 犬塚 先
書名ヨミ サンギョウ シャカイ ニ オケル ソシキ ト チツジョ
出版元 有斐閣
刊行年月 1994.12
ページ数 201p
大きさ 22cm
ISBN 4641075778
NCID BN11865338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95033892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想