税金の論理

石弘光 著

それなくしては国家や社会が成立し得ない不可欠の存在。しかし、わかりにくく、なじみにくいのが税金の仕組。なぜ税金を納めねばならないのか。公平・中立の原則は守られているのか。税金の歴史をふり返り、所得税、法人税、消費税など現行税制のもつ問題点と今後の展望を平易に解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国家の存立基盤-何故、税金を納めねばならぬのか
  • 第2章 税金の移り変わり-税金は経済力を映す鏡
  • 第3章 税金の王様・所得税-その仕組みと問題点
  • 第4章 利子・株の儲けと税金-苦悩する資産所得課税
  • 第5章 正体不明の法人税-No.2の地位を確保
  • 第6章 世界を席巻した付加価値税-不幸な生い立ち・日本の消費税
  • 第7章 平等化社会に不可欠な資産課税-資産再分配は必要だ!!
  • 第8章 地域社会に密着した地方税-国税と一味ちがう税金
  • 第9章 成熟社会のチエ-直間比率の是正

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税金の論理
著作者等 石 弘光
書名ヨミ ゼイキン ノ ロンリ
書名別名 Zeikin no ronri
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1994.12
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 4061492292
NCID BN1185059X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95028933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想