老益 : 歴史に学ぶ50歳からの生き方

楠戸義昭 著

「老害」が跋扈するままであれば、今、迎えている高齢化社会は真っ暗闇になってしまう。しかし、「昔の人は短命だった」の常識は誤りであり、歴史をさかのぼれば、長生きして「老益」を発揮した人たちが大勢いた。宮本武蔵は剣の神髄を五十歳にして会得し、貝原益軒は人間の知恵は五十歳から開花すると言っている。五十歳を節目に後半生を豊かに生きた伊能忠敬や大田垣蓮月など、先人たちの見事な一生から、現代人は今こそ学ぶべきだろう。本書では、長寿をめぐる日本人の心性と老益のあり方を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 人間五十年、下天の内
  • 第1章 不老不死の国
  • 第2章 自死に向かう人びと
  • 第3章 老いてなお恋に生き愛に生きる
  • 第4章 長寿の健康法
  • 第5章 戦国時代に老益を発揮した人びと
  • 第6章 五十歳からの"維新"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老益 : 歴史に学ぶ50歳からの生き方
著作者等 楠戸 義昭
書名ヨミ ロウエキ
シリーズ名 NHKブックス 724
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.12
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4140017244
NCID BN11835723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95032055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想