政治は途方に暮れている

内山秀夫 著

病みあがりの、国民の選択なき混迷が続く日本政治。「政府ありて国民なし」と嘆じたのは、福沢諭吉であった。私たちは、この転形期をどう読み解くのか。一体、政治改革から何を改革するのか。政治蘇生の原点とは何なのか。本書は、倫理の学としての"在野の政治学"に立つ著者が、制度や運動ではなく、「私たちの今」「自己の内なる政治的なもの」への問いから発し、「事実と理念」の側から、生き方としての文化選択を視野に入れ、政治のあるべき姿を省察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「政府ありて国民なし」-病む政治、病みあがりの政治のあとに
  • 第2部 国境を越えてすべきこと-湾岸戦争以降のPKO
  • 第3部 「政治の言葉」というもの-転形期をどう見るか
  • 第4部 リベラリズムとは何か-政治学と政治思想の視座から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治は途方に暮れている
著作者等 内山 秀夫
書名ヨミ セイジ ワ トホウ ニ クレテイル
書名別名 その理念と現実
シリーズ名 NHKブックス 723
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.12
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4140017236
NCID BN11835665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95032198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想