消費税はやはりいらない

八田達夫 著

不公平まやかし税制の全骨格を示す。大蔵省ゴリ押し強制にこれだけの矛盾。高齢化対策・業種間格差対策等の消費税必要論はすべて神話だ。国民的常識のうそを衝く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 消費税はいらない(日本の所得税率は低すぎる
  • 消費税シフトは高齢化対策に逆行する
  • 日本の直間比率は低すぎる
  • 消費税は業種間格差を縮小しない
  • 税による再分配はやはり必要だ
  • 消費税シフトで誰が得をするのか)
  • 第2部 消費税に代わるもの(税制改革の全体像
  • 納税者番号制なしの譲渡益課税
  • 資産所得税は分離課税でかまわない
  • 徴税の改善
  • 高齢化対策(1)-3つの基本財源
  • 高齢化対策(2)-市場収益率方式の年金
  • 景気対策としての税制は何か)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費税はやはりいらない
著作者等 八田 達夫
書名ヨミ ショウヒゼイ ワ ヤハリ イラナイ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1994.12
ページ数 243, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4492610308
NCID BN11830220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95023068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想