転写制御のメカニズム

田村隆明 著

転写研究の萌芽とされるジャコブ・モノーのオペロン説提唱からおよそ30年。その間、転写研究はめざましい発展を遂げた。特にここ数年間の進展ぶりは目を見張るものがある。分子レベルでの研究方法が確立し、発生・分化やがん化など、個別の生命現象が転写制御の言葉で明確にできるようになってきたのである。本書では、基本転写機構をはじめ、転写(制御)因子、シスエレメント、転写制御機構、転写と生命現象などをわかりやすくまとめ、新時代を迎えつつある転写研究の実体に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 遺伝子が働くとはどういうことか
  • 2 転写反応の概要と転写因子研究法
  • 3 真核生物の転写機構
  • 4 普遍的な基本転写因子TBP
  • 5 転写制御の主役たち
  • 6 転写研究の新しい動き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 転写制御のメカニズム
著作者等 田村 隆明
書名ヨミ テンシャ セイギョ ノ メカニズム
書名別名 Tensha seigyo no mekanizumu
シリーズ名 実験医学バイオサイエンス 18
出版元 羊土社
刊行年月 1995.1
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 4897063108
NCID BN11818393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95026224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想