労働・富・幸福  第1巻

H.G.ウェルズ 著 ; 藤本良造 訳

[目次]

  • 目次
  • 写真
  • 訳者の言葉
  • 序論 この本の目的とこれが書かれるまで
  • 一 世界における人類活動の根拠とその理由 / p13
  • 二 新しい教育 / p16
  • 三 ロージャ・ベーコンについて / p20
  • 四 「歴史の概観」と「生命の科学」 / p25
  • 五 労働と富についての健全な一般的概念の必要 / p30
  • 六 この本を書くについてのある困難と問題-産業的進歩の博物館、想像的百科事典の工夫 / p34
  • 第一章 どうして人間は経済的動物となったか
  • 一 経済学は生物学の一部門である / p47
  • 二 動物としての原始人 / p52
  • 三 社会的、経済的生活の曙 / p56
  • 四 動物の家畜化 / p58
  • 五 定住と動労の維持 / p62
  • 六 歴史的序曲その他 / p70
  • 第二章 どうして人間は組織的に考えることを学び、動力と物質とを支配しえたか?
  • 一 考え方を指示したもの / p81
  • 二 道具としての思想の批判から支配的思想へのはじまり、椎名論と実在論、実験科学の復興
  • 三 科学の復活における自然の應用 / p98
  • 四 経験科学と完極的真理 / p101
  • 五 近代的研究の組織 / p108
  • 六 物質の征復 / p118
  • 七 典型的な近代的資材 / p123
  • 八 鉄と銅の話 / p134
  • 九 動力の征服、動力の源泉 / p143
  • 十 動力の伝達 / p154
  • 十一 應用の要点 / p157
  • 第三章 距離の征服
  • 一 現代における生活範囲の増大 / p161
  • 二 鉄道と汽船 / p163
  • 三 新しい道路と航空路 / p184
  • 四 現在の瞬間が世界中に拡がる事実の伝達 / p191
  • 五 印刷とフィルム / p202
  • 第四章 饑餓の征服 人類はどうやって食べてきたか
  • 一 世界の食物 / p209
  • 二 肥料 / p211
  • 三 農場の機械化と電化 / p216
  • 四 耕作の牡観、葡萄畑と養蜂家 / p220
  • 五 代用食と不純品 / p223
  • 六 正餐と薬品類 / p228
  • 七 農民、旧秩序の基礎 / p231
  • 八 農民の消滅 / p234
  • 九 世界の食料調達はまだ組織されていない / p246
  • 十 潤沢の限度 / p248

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働・富・幸福
著作者等 Wells, H. G.
Wells, Herbert George
藤本 良造
H.G.ウェルズ
書名ヨミ ロウドウ トミ コウフク
書名別名 Rodo tomi kofuku
巻冊次 第1巻
出版元 同光社磯部書房
刊行年月 1953
ページ数 249p 図版
大きさ 19cm
NCID BN11780767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53004704
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想