免疫と健康 : 生体防御の考え方から応用へ

野本亀久雄 著

細菌やウイルスなどの"外敵"が人体に侵入したとき、それらを適切に処理して生命を守る精妙でダイナミックなしくみが免疫だが、生命を守るしくみは免疫だけではない。人体には免疫のほかに、皮膚や粘膜、さらには腸内細菌さえもが生命を守る"バリアー(防壁)"として働く生体防御のシステムが備なわっている。このシステム全体を知ることによって私たちは、個人の健康から医療のあり方、あるいは院内感染対策といった緊急な問題までも、はじめて統一的に考えることができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生体防御のしくみを探る
  • 第2部 免疫の働きを探る
  • 第3部 初期防御から免疫へ
  • 第4部 生体防御と体の異常
  • 第5部 生体防御を調節する
  • 第6部 生体防御論を生存環境改善へ活用する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫と健康 : 生体防御の考え方から応用へ
著作者等 野本 亀久雄
書名ヨミ メンエキ ト ケンコウ
書名別名 Men'eki to kenko
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.12
ページ数 224, 9p
大きさ 18cm
ISBN 4062570491
NCID BN11780406
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95029055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想