戦争の記憶

イアン・ブルマ 著 ; 石井信平 訳

現場を歩いた。当事者に会った。ヒロシマ、アウシュヴィッツ、南京、ベルリン、花岡…戦後世代の手による日本とドイツの戦争体験の集大成。ふたつの国は、あの戦争をどのように体験し、記憶し、どこに向かうのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(西洋と戦う
  • 廃墟にロマンがあった)
  • 第2部(アウシュヴィッツ
  • ヒロシマ
  • 南京)
  • 第3部(戦犯裁判
  • 教科書は抵抗する
  • 記憶を保存する)
  • 第4部(ふたつのノーマルな国
  • ふたつのノーマルな町
  • 廃墟を片づける)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の記憶
著作者等 Buruma, Ian
石井 信平
ブルマ イアン
書名ヨミ センソウ ノ キオク
書名別名 The wages of guilt

日本人とドイツ人

Senso no kioku
出版元 ティビーエス・ブリタニカ
刊行年月 1995.4
ページ数 396p
大きさ 20cm
ISBN 4484941236
NCID BN11778925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95048279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想